自己管理

私は、食べることに対して個人の体質や生まれ育った環境や今ある状況で人それぞれの食べ方があると思っています。





私自身も食に対し、今まで色んなやり方で体調管理してきたつもりです。


今は、過去にも思っていた考えやり方が自分にはあっていると思っています。


野菜中心で炭水化物もたんぱく質も脂質も程よく摂取しています。


たんぱく質(お肉中心)のやり方は私にはあっていませんでした。反対に太った感じがします。


1日に最低40gの摂取量で大丈夫のタンパク質。必要以上に摂る必要はないですが、たまにお肉無性に食べたくなります😅食べる量や質に気をつけたいものです🐮🐔🐷


後、気をつける事は…


また、サロンでお会いしましょう😁


自分の特徴捉えて、日頃から意識したいですね✨😊



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

血液は一言で言って身体のめぐりをしています。 身体中を流れ栄養と酸素を細胞に届け、体温など生命活動源となっています。また、老廃物や二酸化炭素を回収し常に私たちの生命リズムと関わっています。 それが通る管もよって強度は異なりますが、その中で着目すべきなのは毛細血管❤️ 毛細血管は破壊と再生を繰り返しています。 ポール・シェリーさんも自律神経と体循環に関わるこの毛細血管には着目を置いています✨ 食べ物

最近、注目しているお野菜でピーマン🫑があります。 夏の食卓には出番が多いお野菜。 抗酸化作用も高く美と健康にもいいし、 ビタミンCやβ-カロテン等の栄養素が豊富。 でもピーマン🫑はお料理に使う時、ちょっと大変だなー感じることがあります。 種やヘタの部分の処理です。 最近、届いた予防医学学術刊行物で 「捨てがちな野菜の部位にこそ栄養があり」 とありました。 その中でピーマン🫑の種やワタについて