自律神経と血液とポール・シェリー

自律神経と血液をコントロールしていることはサロン中でもよくお伝えしています。

自律神経は、自分の意思とは関係なく無意識の、うちに働いている神経のこと。

心臓の動き、血圧、食べ物の消化、ホルモン分泌など生命維持のため欠かせない働きを担っています。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、車のアクセルとブレーキの様な関係で日頃のオンとオフのバランスでとっています。

例えば、寒くなると血管は収縮しますが、これは寒さから身体を守るため交感神経優位に働く反応です。冬の明け方は血圧が高くなり心筋梗塞や脳梗塞が起きやすいと言われています。

逆に副交感神経が優位な時の血管は拡張し、血圧も下降し心拍もゆっくりしています。季節でいうと夏。夏は心も体も開放的になるのもこの理由からでしょう。

血液の働きと自律神経はすっごく密接なんです!

日々の自律神経のオンとオフのコントロールすることは美と健康にはとても重要ということはわかっていただけたと思います。

こういった観点で、トリートメントには絶大な有効性があると思っております。

とりわけ、ポール・シェリーのトリートメントはいわゆるエステティックを超えたトップ・オブ・ザ・エステという感じでしょうか、表面上の綺麗だけでなく、根本的な綺麗を求めたエステティックです。ポール・シェリーの概念を知れば知るほど皆がそう感じる唯一無二の存在です。

これからは100年時代ともいい、いかに健康で自分らしく美しく生きていくかが重要になっていくと私は考えています。

心と身体を美しく元気にするお手伝いをこれからも続けてられる様、精進していきます!


#ポール・シェリー

#自律神経

#血液



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示