旬な食材を摂ろう!

最近、ぽかぽかと温かな日差しを感じ、春らしい日和になってきましたね。


草木では、春は冬に冬眠していた芽が🌱出てくる時期です。


病院にかかるまではないけど、といういろんな症状がそうだと思いますが、


花粉症やアレルギーなどと


太もも等に溜まった老廃物を排水溝へ流してほしい!!


など身体は悲鳴をあげていませんか?


人間なら体も寒い時期に溜まっていた老廃物が外に出ようとしている時期なのです。


春には、肝機能を高める食事に意識したいものです。


春の旬な食材といいますと、


タケノコ

春キャベツ

新たまねぎ

ふき、ふきのとう


など思い浮かべますね。


その中でも


今、食べたいな〜と感じるのは、


たけのこです。


たけのこは、体の余分な熱を冷まし、痰を取り除く働きがあるほか、尿の出を良くし、むくみを、改善する効果があります。


胃の働きを活発にし、食物繊維も豊富なので便通を改善。


コレステロールの吸収を抑える効果があるのめ動脈硬化の予防になります。


老化予防のさまざまな効果が期待される、

たけのこ。


たけのこの、切断面に出ている白い粉はチロシンと呼ばれるアミノ酸。


この白い粉のチロシン成分は認知症の予防に有効といわれています。


ですので、取り除かす食べた方が良いといわれているんです。


春のこの時期によく食べていた料理、


たけのことわかめの煮込んだ料理。


たけのこご飯。


久しぶりに作ってみようかな❗️




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

血液は一言で言って身体のめぐりをしています。 身体中を流れ栄養と酸素を細胞に届け、体温など生命活動源となっています。また、老廃物や二酸化炭素を回収し常に私たちの生命リズムと関わっています。 それが通る管もよって強度は異なりますが、その中で着目すべきなのは毛細血管❤️ 毛細血管は破壊と再生を繰り返しています。 ポール・シェリーさんも自律神経と体循環に関わるこの毛細血管には着目を置いています✨ 食べ物

最近、注目しているお野菜でピーマン🫑があります。 夏の食卓には出番が多いお野菜。 抗酸化作用も高く美と健康にもいいし、 ビタミンCやβ-カロテン等の栄養素が豊富。 でもピーマン🫑はお料理に使う時、ちょっと大変だなー感じることがあります。 種やヘタの部分の処理です。 最近、届いた予防医学学術刊行物で 「捨てがちな野菜の部位にこそ栄養があり」 とありました。 その中でピーマン🫑の種やワタについて