性別問わずに

最近、ふとした時に、


あの方、あの時、実は更年期だったのかも…


と回想する事がありました。


更年期障害は性別問わずあるかもがわかっています。


特には男性は、更年期障害があっても、なかなか本人も認めたくない気持ちが強いようです。


女性と同じ様に、男性にも40代半ばから50代半ば頃に、女性の場合とほとんど同じ様な症状が現れます。


加齢によるテストステロン、成長ホルモン、メラトニン(睡眠ホルモン)の低下が主な原因とわかっています。他にも仕事のストレスや運動不足、肥満などの要因が加わるとされています。


それに男性らしい身体つきや特性にはテストステロンが大きな影響があります。


テストステロンの分泌量はストレスの影響を受けやすいこと、そして、そのストレスはメラトニンの分泌と下げ不眠やうつ状態をまきやすくなります。





ある程度のストレスは生きている為に必要ですが、身体が悲鳴をあげるほどのストレスは🆖ですよね。


あらゆる症状は、体液(血液・リンパ)とホルモン、自律神経のバランスが乱れた時に起こるのです。その原因が何なのかがわかれば、気をつける事もできるでしょう。


これらの事を考えると、やっぱりメリハリのあるオンとオフの生活、その人にあった食事取り方や運動をする事が大事になると思います❤️


誰でもすぐに実践できる方法なら食事面でしょう。


毎日コツコツとホルモンを補うため、


豚肉類、うなぎ、牡蠣、大豆類、

ねばねば食品(山芋、オクラ、納豆、なめこ)

緑黄色野菜(かぼちゃ、パセリ、にんじん、青紫蘇、春菊)

ビタミンC→抗酸化作用

βカロチン→免疫力、発ガン予防、コレステロールを減らす作用


安全な食べ物から身体のバランスをとりたいですね❗️


そして、たまにリラックスするためのトリートメント受けたりと✨









閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

血液は一言で言って身体のめぐりをしています。 身体中を流れ栄養と酸素を細胞に届け、体温など生命活動源となっています。また、老廃物や二酸化炭素を回収し常に私たちの生命リズムと関わっています。 それが通る管もよって強度は異なりますが、その中で着目すべきなのは毛細血管❤️ 毛細血管は破壊と再生を繰り返しています。 ポール・シェリーさんも自律神経と体循環に関わるこの毛細血管には着目を置いています✨ 食べ物

最近、注目しているお野菜でピーマン🫑があります。 夏の食卓には出番が多いお野菜。 抗酸化作用も高く美と健康にもいいし、 ビタミンCやβ-カロテン等の栄養素が豊富。 でもピーマン🫑はお料理に使う時、ちょっと大変だなー感じることがあります。 種やヘタの部分の処理です。 最近、届いた予防医学学術刊行物で 「捨てがちな野菜の部位にこそ栄養があり」 とありました。 その中でピーマン🫑の種やワタについて